アルミ複合板でお店の看板パネルをつくってみた

  • 今回、東京六本木店の看板用にアルミ複合板(アルポリ)をベースとした看板パネルを作成してみました。
    サイズは180mm×550cmということで、それほど大きなサイズでもないのでアルミ複合板(アルポリ)への手張りに挑戦しました!
合成紙のり付き オリジナルサイズ230mm×600mm
マットラミネート オリジナルサイズ230mm×600mm
アルミ複合板 オリジナルサイズ180mm×550mm

クリックすると大きく表示されます。

  • 商品としてはアルミ複合板(アルポリ)180mm×550mm、合成紙のり付き、マットラミネート共に230mm×600mm。(アルミ複合板に巻き込んで印刷するために25mmずつ大きく印刷しました)

  • まず、ラミネート加工された合成紙の剥離フィルムを剥がすのですが、剥離紙カッター(裏紙スリッターとも言います)をお持ちなら張り始めの端から50mmくらいで剥離フィルムをスリットします。
  • ズレないように位置調整をしてからスリットして部分の剥離フィルムを剥がし端を接着します。
  • そして接着箇所以外をめくり上げます。
  • めくり上げたところから、剥離フィルムを少しだけ剥がします。
  • 剥離フィルムを剥がしながらスキージーで丁寧に接着していきます。
  • 表面を張り終えたら巻き込みやすくするために4面の角を切り落とします。
  • 側面は浮きやすいのでこのようにタオルなどで角をこすりながら接着させます。(素手でやると摩擦で熱くなるのでやけどに注意してください)
  • 4辺とも巻き込んで貼れば完成です
  • 今回は両面テープで壁(タイル)に設置しました。
    東京六本木店にお越しの際はこちらの看板を目印にご来店下さい。

※今回は、手張りで貼ったのでアルミ複合板に巻き込んで貼りましたが、通常は巻き込み貼りは対応してません。