色の表現におけるRGBとCMYKの違いについて

ツイート

5

はてなブックマークに追加

0

Google+でシェア

RGB、CMYKという言葉をご存知でしょうか?
PhotoshopやIllustratorを日常的にお使いの方には馴染みのある言葉ですが、聞いたことが無いという方も多いと思います。
RGBとCMYKは、どちらも色の表現法の一種です。
簡単に言うとRGBはディスプレイ用、CMYKは印刷用の表現法で、ポスター印刷は当然CMYKで表現します。

RGBとは

光の三原色(RGB)

RGBはそれぞれレッド(Red)、グリーン(Green)、ブルー(Blue)の頭文字をとったもので、この3色は「光の三原色」と呼ばれており、 ブラウン管、液晶モニター等で色を表現する為の手法で、上記3色を組み合わせて全ての色を表現しています。
原色ひとつにつき256段階の濃さを設定できるため、256の3乗の16,777,216通りの色を表現する事が出来ます。

光は混ぜると明るくなっていきますので、三原色を全て混ぜた色は真っ白となります。
ブラウン管や液晶パネルは電源を切ると画面が真っ黒ですよね。
「色が無ければ黒、全部の色があると白」というのがRGBです。

ディスプレイ用の規格ではありますが、同じ数値の色が全ての方に同じように見えるわけではありません。
ご覧になる環境(WindowsとMacの違いやモニターの違いなど)によって実際に見える色が異なります。

LEDのRGB対応について

液晶ディスプレイでは冷陰極管という光源が主流ですが、最近ではLED(発光ダイオード)のものも出てきています。
ディスプレイでフルカラーを表現するには光の三原色であるRGB(赤・緑・青)の原色が必要ですが、一昔前は赤色しか実用化されておらず、青色や緑色のLEDは質の低いものだったためフルカラーに対応できませんでした。

今では高輝度の青色・緑色のLEDが開発されたことによりフルカラーの表現が可能になりました。
青色LEDと言えば日本人研究者(赤崎勇さん、天野浩さん、中村修二さん)らにより発明され、ノーベル物理学賞を受賞したことでも有名ですよね。

ちなみに、赤崎さんらにより青色LEDから青色レーザーが発明され、従来使用していた赤色よりも記憶容量が大幅に増えた記録メディアが開発されたのはご存知でしょうか?
それがブルーレイディスクです。

CMYKとは

色の三原色(CMY)+K

CMYKは「色の三原色」と呼ばれるシアン(Cyan)、マゼンタ(Magenta)、イエロー(Yellow)の3色にブラック(Black)を加えたものです。
インクで色での表現に使われ、プリンターは家庭用、業務用を問わず基本的にCMYKで色を表現しています。

CMYKそれぞれにつき0%~100%で指定できます。
理論上は101の4乗で104,060,401色を表現可能、さらに小数点以下の数値も設定できるためRGBよりも色の表現が豊か…のように見えますが、それは数字だけの話。
実際にインクでそのまでの色の差は表現できません。
使用しているインクなどにもよりますので「CMYKで何色まで表現できる」というような言い方はできませんが、実際には「RGBに比べて表現できる色が少ない」と考えていただいて結構です。

全ての色を混ぜると白になるRGBとは対照的に、CMYKでは全ての色を混ぜると黒になります。
印刷用紙が白いのはこの為で、CMYKで「白」と言えば「印刷されていない部分」です。
「色が無ければ白、全部の色があると黒」という考え方は、RGBとはまるで逆であることがわかります。
※透明なメディアに白を印刷するための「白インク」という物も存在しますが、特殊な印刷の部類です。

CMYKで同じ色を指定した場合でも、使用するプリンター・インク・印刷する用紙等によって出力されたものの色は異なりますので、必ずどんな環境でも同じ色で印刷できるというわけではありません。

「K」だけ頭文字じゃない?

CMYKの「K」だけブラック(BLACK)って…なぜ頭文字じゃないのか気になりませんか?
実は、「K」は現在は実質黒とほぼ同義ですので上記ではそのように紹介していますが語源としては誤りで、本来ブラックではなくキープレート(画像の輪郭などを表現するために用いられた印刷版)の頭文字からとったものです。
日本語の黒(KURO)の頭文字、という説もありますがこちらも誤りです。

実際にデータを作成いただく際にはKは黒との認識でほぼ問題ありません。
ちなみに、家庭用プリンターなどの黒インクは「K」ではなく「BK」表記が一般的です。

ポスターのデータはCMYKでの作成を推奨

ここからは当店にポスター印刷用のデータをお送りいただく際のお話です。
PhotoshopやIllustratorでは、RBGとCMYKどちらの形式でデータを作成することも可能ですが、上記のように印刷はCMYKの規格で行いますので、当店にご注文いただく際のデータはCMYKで作成頂くことをお勧めしています
その方がデータ作成時に想定した色に仕上がりが近くなる為です。
モニターの性能や設定によって見え方が異なるので画面と全く同じ色にはなりませんが、RGBよりCMYKで作成頂いたほうが色の差異は少なくなります。

ソフトの中にはCMYKを扱えないものもあり、有名なものではMicrosoft Officeがそれにあたります。
Office系のソフトで作成されたデータはPDF変換していただくと当店でも取り扱いが可能ですが、OfficeソフトはCMYKを扱えませんので、必然的にRGBで作成いただくことになります。

Office 標準の色

RGBで作成頂いたデータを入稿された場合は、出力時に当店にてCMYKに変換いたします。
変換した場合はモニター上でも多少色の変化が見られ、実際に出力してもRGBの状態でモニターで見ていたものとは多少イメージが変わるかもしれません。
特に蛍光色のような色合いはCMYKでは表現できない為、鮮やかすぎる色は使用しない事をお勧めします。
特にOffice系ソフトで「標準の色」となっているものは、彩度が高すぎてCMYKでは再現出来ないので注意!

下記はパワーポイントで作成したRGBデータをCMYKに変換した際のモニター上での色の変化です。
グラフ部分は上に挙げた「標準の色」を使用していますが、 全体的に彩度が低くなっているのがわかると思います。

これを実際に当店のポスター印刷用のプリンターで印刷したものが下の写真です。
色合いはCMYKの状態で見ているものに近く、RGBのデータほど彩度が高くないことがわかります。

まれに「RGBで印刷してください」と要望を頂くことがありますが、ここまで読んで頂いた方にはお分かりの通り「RGBは光・CMYKはインク」です。
ポスター用紙に光で印刷することはできませんので、印刷時にはCMYKへの変換は必須なんです。

  • ※当店で使用しているプリンターは通常のCMYKにライトシアン、ライトマゼンタ、グレー、ライトグレーの4つを加えた8色を使用しており、通常の4色よりもさらに色の表現が豊富になっています。
  • ※当店では特色はご利用いただけません。使用された場合はCMYKでの近い色に置換されます。場合によっては何も印刷されない事がございますのでご注意ください。